die Ruhe
 



-->


Top | RSS | Admin
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
------------------------------------------------------------
 スポンサー広告 | この記事のURL | Admin↑ | top↑


最高の結婚式~当日篇~

【2011/09/25 23:50】

お待たせしました、"当日篇”です。
来られなかった方のために、できるだけ詳しく書きます。なので、長文です。

超心配していた台風15号も過ぎ去り、程よく気温も下がり、当日は絶好のコンディションでした。

【直前の準備】
日本橋のホテルに前泊し、予定の40分も前に会場に到着。
新婦に比べて、新郎は準備もほとんど無いので、
相手の親族に挨拶したり、会場のセッティングを確認したり・・・
準備が整ったら、日比谷公園の緑の中で写真撮影をして、挙式のリハーサルをして、親族紹介。
どちらの父親も人前で話すのに慣れているせいか、終始和やかな雰囲気。

【挙式】
心配していた日比谷野外音楽堂の音がやっぱりドンドコ聞こえてきて(苦笑)
賛美歌を若干邪魔されちゃったけど、まぁしょうがない(笑)
リハーサルは少しぐっとくるものがあったけど、本番はずっと笑っていた気がする。
勢ぞろいしたゲストを見て、「みんな本当に来てくれたんだ」と思うと、すごく嬉しかった。


【披露宴前半】
入場曲はSalyuの青空。爽やかさ重視でチョイス。

ウェルカムスピーチ→主賓挨拶→乾杯→シェフの料理説明→友人スピーチまで予定通り。
ケーキ入刀の前にこっそり抜け出して(主役だから目立つけど)、本当にケーキ運びましたよ。
一緒に運んだのは、担当プランナー&パティシエでした。

料理を楽しむ間もなく、写真攻めにあい、すぐに中座。
新婦は母親と、新郎は妹二人と腕を組んで中座しました。妹二人とも賑やかすぎです・・・
お色直しの間に、すでに楽屋入りしていた紗衣さんとおしゃべり。あ~サプライズって楽しや。

再入場は、テラスから。音楽はBONNIE PINKの1・2・3
そのままテーブルラウンドで写真を撮り、いよいよ余興の時間。


【余興】
1組目は、新郎の高校サッカー部の友人9名。
思い出の写真をスライドショーにして、いきものがかりの「ありがとう」を替歌にして、歌ってくれた。
終始笑いっぱなしだったけど、後半は自分のために用意してくれたことを思うと、泣けてきた。
みんな本当にありがとう。

2組目は、新婦の友達4人。
森山直太朗の「さくら」をハモりを入れて、歌ってくれた。
ひとりが嗚咽し出すもんだから、もらい泣きしそうになった。
新婦は、前奏が始まった瞬間にポロポロ泣いていました・・・

そして・・・

3組目。ピアニストの紺野紗衣さん登場。
「森山直太朗さんや一青窈さん、山崎まさよしさんなど数多くのミュージシャンのサポートメンバーとして、
 また数多くのTVCMや映画音楽、最近ではNHK連続テレビ小説「おひさま」の劇中曲の演奏をされるなど、
 幅広くご活躍されております、ピアニスト・紺野紗衣さんです。皆様盛大な拍手でお迎えください。」

 注)この台詞、全部俺が司会者に仕込みました。

ご本人が登場してザワザワする中、新郎新婦と紗衣さんの関係について、少しだけ俺から紹介し、
その後、紗衣さんがお祝いの言葉をくださり、いよいよ演奏。

1曲目はニュー・シネマ・パラダイスの「愛のテーマ」
始まった瞬間、それまでざわついていた会場が静まり返り、気づけばみんなが聞き入っていた。
俺ら二人は、既に感動して泣きそうだった。

2曲目はふたりでリクエストした、一青窈の「ハナミズキ」
もう一度言っておきますが、この方の伴奏で今年のツアーでも一青窈本人が歌っているんですから、
ホンモノです。

前奏が始まった瞬間、「あぁ、夢が叶った」と思った。

主旋律付きで弾いてくれたんだけど、どこからともなく、会場のみんなが口ずさみ始め、
大さびは紗衣さんもコーラスをしてくださり、それはそれは感動的な盛り上がりとなりました。
この感動を思い出すだけで、これからつらいことがあっても乗り越えていける気がする。。
私たちのような"いちファン"のために、ほかのお仕事をNG出してまで来てくださったこと、本当に感謝しています。

演奏後は、紗衣さんにも会場に残っていただき、最後まで披露宴を楽しんでもらうことに。


【披露宴後半】
まず、新婦から父親への手紙。
思っていたより泣かず、最後まで冷静に読んでくれて、一安心(笑)

このあと、新婦へのサプライズで、新婦の父親からの手紙&母親からのプレゼント。
これはさすがにぐっときた。これまでどれだけ可愛がってきたか、すごく伝わった。
そして当日は新婦の誕生日だったので、母親からパールのネックレスとイヤリングをプレゼント。
俺と新婦の両親でこっそり決めて、新婦はまんまと泣かされました(笑)

両家代表謝辞は、うちの父ちゃん。
普段、自分のことをどう思ってくれているのか、聞く機会もないから、楽しみにしていた。
昔ひどく叱ってしまって今でも後悔しているとか、親ばかだけど良い奴に育ったとか、
笑いも交えていっぱいいっぱい話してくれた。

最後に、俺自身から締めの挨拶。
泣いてしまって言葉に詰まったのは格好悪かったけど、何とか伝えたい内容はすべて言えたし、
後半は持ち直したので、まぁ良しとしよう・・・


**************************

総じて、披露宴は非常に和やかでした。
どちらの父親の挨拶からも家族の仲のよさが伝わったと思うし、
ある程度自分たちらしさを出せたんじゃないかなと、勝手に自己満足しています。

(長くなっちゃったので、二次会は別の記事にします)
スポンサーサイト
 
 
------------------------------------------------------------
 かぞく | トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | top↑


<<忘れられない年 | Top | 最高の結婚式~準備篇~>>
コメント
素敵な結婚式と披露宴だったみたいだねぇ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

結婚式って、お祝いされるだけじゃなくて、みんなに今までありがとう!って伝える日でもあるよねぇ。
みんなが笑顔になれるなんてステキよー( ´ ▽ ` )

シアワセになってねー♪
【2011/09/26 10:46】 URL | まゆ [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL (右クリックを禁止しているのでCtrl+Cでコピーしてください)
→ http://dieruhe.blog31.fc2.com/tb.php/642-b0845398
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。