die Ruhe
 



-->


Top | RSS | Admin
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
------------------------------------------------------------
 スポンサー広告 | この記事のURL | Admin↑ | top↑


受け身の勉強から得られるもの

【2005/12/20 23:54】

朝7時過ぎ。
目覚ましを止めてから、二度寝してボーッとしていたら・・・

ババババババババババ・・・

上空からヘリコプターの音が。
おそらく、今朝始まった姉歯建築設計事務所の強制捜査の取材ヘリだと思われます。
2機くらい飛んでました。
マジで半端じゃなく迷惑です、はい。
目覚めは最悪です。

大学ではいつも通り過ごして、ちょっとだけ卒論も進めて。


そして今日も家庭教師。中学1年生のほうね。
今日は後味悪かった・・・すっごい複雑な気分です。

指導している子の点数が上がることは、単なる自分の自己満足なんじゃないか
その子のことを本気で考えるなら、全てに手を差しのべてはいけないんじゃないか

そんなことをぼんやりと考えています。
まだその子の指導を始めて数週間。
すぐにテストだったんですが、教えた数学だけポ~ンと点数が上がった。
まぁまだ中1だし、その範囲だけ詰め込めば誰が教えたって少しくらい上がるさ。

んで今日の指導終了後にお母様と年明けのことをお話していると、お父様が帰ってきた。
そしてリビングに入るなりテストの成績表を手に取り、自分の息子に言い放った一言。

「頼むよ~」

一瞬、俺とお母様は顔を見合わせました。
それが愛息子に掛ける言葉!?
おそらく俺が察したところだと、今回は数学だけが上がって他の教科は下がってしまったから。
その時テストの成績表と一緒に、英会話教室の成績表も見ていたんです。
そちらの先生から家庭へのメッセージには
「毎日疲れている様子が見られます。もう少し睡眠を取りましょう」
と書かれていた。
それも見るなりもう一言。

「もっと頑張ってくれよなー」

・・・ホント、可哀想です。
一人息子に期待する気持ちが大きくなってしまうのは仕方ない。
けど、家庭教師2人と塾1つと英会話はちょっと多すぎる。
週に4,5日は学校以外で何かを勉強させられてることになる。

家庭教師も塾も、全てが「受け身の勉強」でしかない。
そこから得られるものも勿論あるし、とても大切なんだけど。

でも勉強のやり方さえ身につけられたなら、そこから先は自分でやらなきゃ。

教わらなきゃできないんじゃ、いつまで経っても自立なんてできない。
自分の学歴に少しばかり劣等感を持っているらしいお父様も、
たぶんそうやって色々な受け身の学習を続け、伸び悩んできたのでしょう。

それらの成り行きを、そのお父さん自身が理解できる日は来ないのかな・・・。
スポンサーサイト
 
 
------------------------------------------------------------
 にちじょう | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | top↑


<<免許更新とお買い物 | Top | こたつむり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL (右クリックを禁止しているのでCtrl+Cでコピーしてください)
→ http://dieruhe.blog31.fc2.com/tb.php/95-5cc62123
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。